2012/10/23

ん〜〜と、を、うんとッ!!



いやぁ〜今月もいろいろありましたねぇ・・・あんな飲み、こんな飲み・・・じゃなく、10月はフラフラッと駆け抜けそうな感じがするのですが、JMTC佐沼教室さんへはフラフラッと遊びに行ったワケではございません!!今回も、セミナーというかワークショップ的なカンジで、1日・12日と2週に渡り写真&文章のお話をさせていただきました。僕は、そもそもがフォトグラファーでもコピーライターでもありませんので「これからフォトグラファーを目指す!戦場カメラマンとか・・・」「コピーライターになって、ほぼ月手帳作りたい!!」なんて人へは向かない内容だと思います。っていうか、そんな人向けに僕がやってしまったら、その筋の方々へ失礼です。が、しかし、僕はディレクターです。そっち専門ではありませんが「ここで、この写真がほしいなぁ」「ここには、この文章がさぁ」なんてことを決めるのが仕事だったりするので、ディレクター目線で「こういった内容であれば、この写真にこういう文章」的な感覚でお話させていただきました(今回の趣旨にもちょうど合っていたはず ; ^ ^ )。そんなワケで、ワークショップ的なセミナーをさせていただいたのですが、よく聞かれることは「どうしたら、これできるの?」と、直接的な内容が一番多かった気がします。ん〜〜と、感覚的には「メッシみたいにドリブルして、点取りたい!」的なカンジ。こういったワークショップやセミナーに限らず、友人知人愛人変人、飲み会でも聞かれることがあるのですが、僕的には「それ出来たら、リーガでバルサに入るもの、オレ」という、とっても解りづらい例えになってしまいましたが「それを教えることが出来ても、きっと思っているようには出来ないよ」としか、僕には答えられません。なんでかっつーと、メッシも状況読んで積み重ねた感覚を信じ、ドリブルしてシュートして点を取る!という「考えて行動する」+「技術を磨く」ことを積み重ね〜〜〜と、とってもクリエイティブなことをしているワケです。ディレクターやデザイナー、ザゼンダーに限らず、カメラマンもコピーライターも「クリエイター」。きっと毎日毎年「メッシ」のように自分の持ち場でプレーして「こうやったら、これできた!」というコトになってるのかなぁと思うのです。なので考えながら続けるコトって大事なんだなぁと、講師をさせていただいたお陰で、改めて感じさせられました。僕も結城さんも斑目委員長も、みなさんと一緒に写真撮ったり文章考えたりしたのですが、何かを作り上げるってのは楽しいですねぇ。いやぁ〜、クリエイティブって大変なんですねぇ。LUCK SHOWはメッシよりもKING KAZUを目指して「どうやったらステキなカズダンスを踊れるか?」を日々考えながら、ドリブルして行こうと思います!!